メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

PukiWiki最新記事
[ リロード ]   [ ソース ]  [ トップ | インデックス | 単語検索 | ご意見、ご感想 ]

Counter: 9442, today: 2, yesterday: 1

Nexus7をパソコンのように使えるか?

Nexus7いいです!
ちょうどいい大きさといい、4コアCPUによるキビキビした動き、
GPSのナビゲーション、コンパスモードにしたときのストリートビューなどなど
すっかり気に入ったNexus7です。

でもメインメモリが1Gもあったらパソコンのように使えてもいいはず…
ということで、キーボード、マウスやハードディスクをつないでみました。

キーボードはBluetooth、マウスとハードディスクはUSBのものを接続したものが以下の写真。

 

笑えるのがハードディスクの大きさがNexus7よりも大きいこと。

それぞれの接続は、キーボードはBluetoothのものでペアリングも簡単で、一度ペアリングするとすぐにつながりました。
どのキーボードでも大丈夫でしょうが、今回のはiBUFFALOの300g以下の小型軽量で持ち運べるもの。

 

マウスとハードディスクは一般的なUSBタイプのものなので、Nexus7のマイクロUSBをUSBへ変換する
ケーブルが必要になります。Nexus7に付属しているものは、パソコンには直接つなげますが
マウスやハードディスクへ接続するには以下のようなマイクロUSB(M)-USB変換(F)ケーブルが必要になります。
楽天で190円+メール便代で購入したものです。

 

また、マウスとハードディスクの接続と複数のUSB接続なのでUSBハブが必要となります。
どんなものでも大丈夫だと思いますが、USB電源がプアなのでセルフパワーのものがいいと思います。
(今回は普段使っているバスパワーのもの)

マウスは普段使っているLogicoolのトラッキンブボールタイプのもので、特別な設定をしなくても、
マウスをUSBに接続すると画面上にマウスポインタが現れてすぐに使えるようになります。

肝心のハードディスクは、アプリでのアクセスになります。Nexus Photo Viewer(無料)、
または、Nexus Media Importer (有料)を使用前にインストールしておきます。
あとは、USBのプラグに差し込めばハードディスクを使えるようになります。
もちろん、ハードディスクのかわりにSDカードのUSBメモリでもアクセスできました。

注意することはマイクロUSBの電源容量が小さいのでバスパワーのハードディスクは
無理かもしれません(セルフパワーのUSBハブを経由すればOK)。
また、今のところハードディスクへのアクセスはリードのみでライトはできないこと。
このあたりはOSレベルでユーザーモード時に禁止しているのかもしれないけど、
そのうち対応してくれると期待してます。

あと、Androidはもともと携帯向けのOSだからしょうがないけどベースはLinuxということも
ありOS的には大きなアプリケーションを動かす問題もないはず。メモリが1GBもあるのに
Chrome、GMail、Google Earthなど普段パソコンで使っているアプリケーションが機能を削った
サブセットというのが残念です。このあたりはストレージの容量が16GBと制限されている
こともありますが、Googleさんには機能を削ってないフルセットのバージョンも用意してほしいです。

=== 追記 ===
Nexus Media Importerがバージョンアップしてリードだけではなくライト(書き込み)もできるようになりました(アドバンス設定でEnable Writeをチェックします)。マイクロSDカードを接続してテストしましたが書き込めました。HDDに関してはまだテストしてません。

   

ページコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

トラックバック [ トラックバック(0) ]
トラックバック URL: http://myboom.mkch.net/modules/pukiwiki/tb/148