メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

PukiWiki最新記事
[ リロード ]   [ ソース ]  [ トップ | インデックス | 単語検索 | ご意見、ご感想 ]

Counter: 19556, today: 4, yesterday: 2

Raspberry Piで大きな容量のSDカードから小さな容量のSDカードへまるごとコピーする

以下、操作を誤るとすべてのデータが消えてしまいますので、バックアップをとってからコピーすることをお勧めします。

同じサイズのSDカードやより大きな容量のSDカードへコピーする時は問題ないと思います。
ここでは、大きな容量のSDカードを小さな容量のSDカードへコピーする方法です。

あまりこういった特別なことはやりたくないのですが、
Raspberry PiとSDカードが増えてきてしまい、今まで使ってなかった小さな容量のSDカードも使いたくなりました。
かといって、いろいろなツールやコマンドを一から再インストールする気にもなれず
まるごとコピーすることにしました。

今回は、16GBのSDカード(実際は16GBのマイクロSDカード)から8GBのSDカードへまるごとコピーしてみました。
もちろんコピー元のSDカードでコピー先のSDカードの容量を超えて使用しているとコピーはできません。
今回は、コピー元のパーティションサイズを縮小してコピー先へコピーします。

コピーするにはGpartedというフリーのパーティション編集ツールをつかいます。
Gpartedを使い慣れている方なら以下の説明は不要かもしれません。

Raspberry PiにつながるUSBのCD/DVDなどがあればRaspberry Pi上でもできると思いますが、もってないのでパソコン上で行いました。
パソコン上で行うには、SDカードのリード/ライトできるUSBアダプタなど2つ(ソース、ディスティネーション)必要です。
かなり省いてありますが、流れはつかめると思います。

Gparted live CDのダウンロードとインストール
http://gparted.sourceforge.net/downl­oad.php
isoファイルをダウンロードしてISOイメージをCDに書き込みます。

GpartedをCDにセットしてパソコンを起動します。
(GpartedのLinuxで起動するのでWindowsでもLinuxのパソコンでもOKです)

起動後、
パソコンのHDDは/dev/sdaと認識されました。
  ↓
コピー元になる16GB(大きな容量の方)をUSBへ差し込みます。
デバイスの更新ボタンを押すとデバイス選択ができ、このSDカードは/dev/sdbと認識されました。
  ↓
SDカードのパーティションで縮小するパーティションを選択してResizeボタンをクリックしてパーティションサイズを縮小するように設定します。
この時点ではまだ何も実行されてませんが、正しければ適用(Apply)を選択して縮小します。
※縮小後にコピー先のSDカードに収まるサイズに設定しなければなりません。
  ↓
コピー先になる8GB(小さな容量の方)をUSBへ差し込みます。
デバイスの更新ボタンを押すとデバイス選択ができ、このSDカードは/dev/sdcと認識されました。
何かパーティションがあればあらかじめすべて削除しておきます。
  ↓
コピー元のsdbのパーティションを選択してコピーボタンをクリックします。
コピー先で貼り付け(Paste)を選択します。開始は、コピー元と同じく設定します。
同様に、2つ目のパーティションもコピー設定します。

Copy (/dev/sdb1) → Paste
 /dev/sdb1を/dev/sdcにコピー (4.00 MiBから開始)
Copy (/dev/sdb2) → Paste 
 /dev/sdb1を/dev/sdcにコピー (60.00 MiBから開始)

この時点では何も実行されてません。間違いがなければ適用(Apply)をしてコピーします。
(この操作は時間がかかります)

これでコピーができましたので、shutdownしてSDカードを取り出せばコピーされているはずです。
縮小する際に適当なサイズで縮小してますので、必要に応じてRaspberry PiのRaspi-configなどでファイルシステムの拡張(expand_rootfs)を実行します。

  関連記事:
Raspberry_Piをエネループ(電池)で動かす
Raspberry_PiでWiFi接続を安定にする2つの方法
Raspberry_Piでインターネットラジオ作ってみた
ラズベリーパイのインターネットラジオ完成!
Raspberry_PiにLCDやスイッチを取り付けるときの注意点
Raspberry_PiとArduinoを接続して連携動作させる
Raspberry_PiのGPIOライブラリ
Raspberry_Piが起動しないときのLEDの点滅
Raspberry_Piの周波数を下げて消費電力を下げてみた
ラズベリーパイ、大きさの異なるSDカードでシステム領域を共通にする(ddコマンド)
sendmailでのメール送信が異常に遅い場合の対処
ラズベリーパイで遠隔操作のレスキューロボットを作成 その1
 

   

ページコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

トラックバック [ トラックバック(0) ]
トラックバック URL: http://myboom.mkch.net/modules/pukiwiki/tb/171