メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

PukiWiki最新記事
[ リロード ]   [ ソース ]  [ トップ | インデックス | 単語検索 | ご意見、ご感想 ]

Counter: 8305, today: 1, yesterday: 3

Raspberry Piで遠隔操作のレスキューロボットを作成 その1

ラズベリーパイで遠隔操作のレスキューロボットを作成します。
ラズベリーパイなら汎用IOのGPIOやGPIOをコントロールするためのソフトウェアWebIOPiなどもあり、
Webカメラをつけると動画をみながらWeb上で操作する遠隔操作のロボットが比較的簡単にできちゃいます。

天井裏の配線をするためのロボットや災害時に人の行けないところへ行くようなレスキューロボットなど面白いものを作れそうです。
普通のラジコンなどとは違い、動画をみながらインターネット経由で操作できるので極端な話、ニューヨークに置いたロボットをインターネット経由で東京で操作することも可能だと思います。

今回は、市販のリモコン式のレスキューロボットを改造してPC上で動画をみながら操作するレスキューロボットを作ってみます。

ほぼ単体での動作チェックは終了し、レスキューロボット上に仮組みしてみました。
載せるものは、Webカメラ、ラズベリーパイ、バッテリ(8本+3本で合計11本)、モーターをコントロールするブレッドボードなどです。

  raspberry pi remote control livebots 1
  raspberry pi remote control livebots 2
 

このレスキューロボットは3chで動作するんですが、本体が小さくてバッテリーなどを積むスペースがきついため、最初は2chで前進、後進、右、左などを動作させ、可動クローラーは省略します。

詳細は後日、公開します。
できれば、動画も公開したいですが未定です。

Raspberry pi, Remote controlled robot over the internet, Livebots, webcam

  関連記事:
Raspberry_Piをエネループ(電池)で動かす
Raspberry_PiでWiFi接続を安定にする2つの方法
Raspberry_Piでインターネットラジオ作ってみた
ラズベリーパイのインターネットラジオ完成!
Raspberry_PiにLCDやスイッチを取り付けるときの注意点
Raspberry_PiとArduinoを接続して連携動作させる
Raspberry_PiのGPIOライブラリ
Raspberry_Piが起動しないときのLEDの点滅
RPiで大きな容量のSDカードから小さな容量のSDカードへまるごとコピーする
Raspberry_Piの周波数を下げて消費電力を下げてみた
ラズベリーパイ、大きさの異なるSDカードでシステム領域を共通にする(ddコマンド)
sendmailでのメール送信が異常に遅い場合の対処
 

   

ページコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

トラックバック [ トラックバック(0) ]
トラックバック URL: http://myboom.mkch.net/modules/pukiwiki/tb/176