メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

PukiWiki最新記事
[ リロード ]   [ ソース ]  [ トップ | インデックス | 単語検索 | ご意見、ご感想 ]

Counter: 10369, today: 3, yesterday: 6

Linuxのコマンド一覧のメモ

よく使うコマンドや便利なコマンドを中心に掲載。

crontab -e 自動でプログラムを起動
min hour day month week command
[ minute ] 0-59
[ hour  ] 0-23
[ month ] 1-31
[ month ] 1-12
[ week ] 0:日,1:月,2:火,3:水,4:木,5:金,6:土
dd ブロック単位でコピー
dd if=/dev/hda of=/dev/hdb (デバイス単位で丸ごとコピーも可能)
dmesg ブート情報を表示、起動時のLinuxのメッセージを見ることができる。ただし、BIOSが出すメッセージはこのコマンドではみることができません。
Linuxバージョン、BIOS情報、CPU情報など

dos2unix 改行コードをdos形式(LF+CR)からunix形式(LF)のファイルへ変換
grep (egrep) 特定の文字を探して行を表示。
特に-Rオプションで下の階層も含めてすべてのファイルを検索可能
grep -R "word" *
find . -name "*" -print | xargs grep "word"
ifconfig ネットワークのハードウェア情報を表示&設定、IPアドレス、ブロードキャスト、ネットワークマスク
kcc -c ファイルの文字コードを調べる
例:
kcc -c file.txt
file.txt: shift-JIS
limit リソースの制限値を表示
表示例:
cputime unlimited
filesize unlimited
datasize unlimited
stacksize 8192 kbytes
coredumpsize unlimited
memoryuse unlimited
vmemoryuse unlimited
descriptors 1024
memorylocked unlimited
maxproc 1471
nbtscan ネットワーク上の(すべての)IPアドレス、NetBIOS名、サーバー、ユーザー、MACアドレスを表示。
類似コマンド : arp -a
nkf 漢字コードの変換
nkf -w sample.txt (UTFへ変換)
nkf -e sample.txt (EUCへ変換)
nkf -s sample.txt (SJISへ変換)
ps -aux プロセス表示
poweroff
rpm パッケージの更新 rpm -Uvh ***.rpm
インストール rpm -ihv ***.rpm
ssh mashine -l user Secure Shell 公開鍵暗号方式によるシェル
tail -f ダイナミックに更新ないようを表示
tar cvfz tarファイル作成&圧縮
例:tar cvfz sample.tar.gz dir
tar xvfz tar.gzファイル/tgzファイルの解凍
例:tar xvfz sample.tar.gz
tar xvfz sample.tgz
top プロセスを表示(CPU timeが大きい順序)
uname OS,ホストネーム,CPUタイプ uname -a
whereis コマンドを探す
who ログインしているユーザーを表示
yum (Yellowdog Updater Modified) パッケージ管理&インストール

cat /proc/cpuinfo CPUの情報を調べる
cat /proc/meminfoまたは free メモリの情報を調べる

便利な使い方

手入力を省くためのバッチコマンド(ヒアードキュメント)

command << EOM
入力1
入力2
入力3
EOM

などのように'<<EOM'と'EOM'などで挟む
cshスクリプトやperlなどの言語でも多少構文は異なるものの使用できる。

lsなどのコマンドで「引数リストが長すぎます(Argument list too long.
)」と表示される場合にxargsを使うことで実行できる。xargsの使い方は簡単。

以下の例のようにコマンドを置き換えることができる。
 ls * ⇒ echo * | xargs ls
 grep "word" * ⇒ echo * | xargs grep "word"
 rm * ⇒ echo * | xargs rm
 cp * tmp/ ⇒ cpの場合は、findでコピー find . -name "*" -exec cp {} tmp/ \;

awk,sedなどを使った簡易のテキスト処理

cat text.txt | awk '{ print $3 }'  # 3番目のワードのみ表示

xmlなどの定義されているワードを取り出すのも簡単に可能
sed -e "s/.*>\(.*\)<.*/\1/"  # <define>word</define>のwordのみを取り出す

古いファイルの削除

find work -type f -ctime +30 -exec rm -f {} \;
find work -type f -ctime +30 -print | xargs rm

workディレクトリにある30日以上経過したファイルをすべて削除

過去7日以内に更新または作成したファイルを表示

$ find . -mtime -7 -ls (カレントディレクトリより下すべて)

Linux使用時のトラブル&対策

>ls
-rbash: /bin/ls: restricted: cannot specify `/' in command names
⇒ bashなどを起動すればOK

   

ページコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

トラックバック [ トラックバック(0) ]
トラックバック URL: http://myboom.mkch.net/modules/pukiwiki/tb/39